The Butterfly Effect
COLUMN

バタフライエフェクトについて

一時期、映画化もされて聞いた事がある方も多いかもしれませんが、この言葉の本当の意味をご存知ですか?

そもそも、バタフライエフェクトとは、1963年、マサチューセッツ工科大学の気象学者、エドワード・ローレンツが提唱した仮説理論なのです。

文中にもありますが、そもそも、この「理論」とはなんでしょうか?

「蝶が羽を動かすと、空気中の微粒子を動かし、それがほかの微粒子を動かし、さらに多くの微粒子を動かす。

そうしているうちに、やがて地球の反対側で竜巻を発生させる、というものです。」

なんとも、びっくりする仮説ですよね。

この本が伝えたいこと

続きを閲覧するにはログインが必要です。
ログインはこちら

会員ではありませんか?
入会のご案内

WRITER

伊藤 由加

秘書

伊藤 由加

Yuka Ito

石川県小松市出身(現在は金沢市在住)
高校を卒業後、兵庫県の大学に進学
一時、大学を休学し、カナダのトロントへ語学留学。
大学を卒業後、大阪にてアパレル業界へ就職。
その後、化粧品メーカーに転職し、会長秘書として秘書のキャリアがスタート。
数年後、上京し、グループ秘書や派遣秘書、専務秘書、社長秘書などさまざまな業界と立場を経て、今年、2020年に故郷である石川県に帰省。
2020年7月にTHE TOP NOTEを設立し、現在も社長秘書兼役員秘書として従事している。

THE TOP NOTE

https://the-top-note.com

記事一覧
Pocket